創作手芸ハンティ > デカパン

デカパン さらばゴム跡

繊細なハンティもいいけれど、せっかく作り方を覚えたのだから、同じ型紙を使って、普段着のデカショーツはいかがですか。
型紙は基本のハンティと同じです。
デカパン

はき心地バツグンの実用ショーツ

ストレッチ布とストレッチレースを使い、ゆったり感とフィット性を兼ね備えています。
吸湿性、耐久性にも優れ、太ももにゴムの跡がつかないのが特長です。
作り方はかなり簡単。所要時間も短くて済みます。

材料

スポンサーリンク

作り方

綿ジャージーに型紙を写します。
前に切替は入れず、クロッチは裏表同じ生地です。
布が伸びるから、多少小さめに作ったほうがいいでしょうね。

縫い代はウエスト12mm、脇4mm、クロッチとの切替6mm。裾回りは裁ち切り(縫い代なし)にします。
カッティング

前後とクロッチを縫い合わせます。詳細は縫製のページを参照のこと。
クロッチを縫う

脇を重ねて、点線ジグザグミシンをかけます。
脇を縫うサイドのアップ

ウエストの縫い代は、点線ジグザグ縫いで裁ち目かがりをします。
基本と同様に、ウエストのゴム通し部分を縫います。
ゴムレースの長さは、その伸縮性にもよりますが、裾回りよりも短くします(40~50cm)。
裾端の表にゴムレースを5mmほど重ね、点線ジグザグで押さえます。
このときレースを伸ばし気味にするのがポイントです。
レースの端どうしも5mm重ねてジグザグ縫いをします。
レースつけ部分のアップレースのアップ


スポンサーリンク


リボンをつけ、ウエストにゴムを通します。
出来上がり

点線ジグザグは、伸縮性のある生地に向いたジグザグ縫いです。
使えない場合は、普通のジグザグ縫いをゆるめにしてください。

これはベーシックタイプです。
デザイン的に凝りたい人は、ハンティで培ったテクニックを生かしましょう。

参考:ウエストもゴムレースのゆったりショーツ


ハンティ・ギャラリー

白百合  Kiss  華燭  ダヤン  パッション
小さな蝶々  花と蝶  花園  泉よ泉
フリル  トンボ  花帯  胡蝶  チューリップ
基本のハンティ作り方

基本のハンティゆったりショーツ