創作手芸ハンティ > フィットショーツ

ローライズフィットショーツ

ストレッチ布で作ったローライズのフィットショーツ。
裾には伸縮レースを縫いつけました。
フィットショーツ広告

ハンティははいていないときの形が小さくて可愛いのですが、はき心地はこちらのほうが上だと思います。

女児ショーツと同じくクロッチ続け裁ちにしましたが、布の無駄が多いので、ハンティのように分けてカットしてもけっこうです。
切替線がカーブしているので、慣れないかたには縫いにくいかもしれません。しつけをかけてミシンがけをしましょう。
このカーブはデザイン的なものなので、直線に変えても差し支えありません。

材料

伸縮布の扱いについて

このショーツは伸び縮みする布で作ることを前提としているので、型紙の腰回りが72cmしかありません。
伸びない布で作るハンティとは異なるのでご注意ください。

伸縮布を使っても、普通の糸で普通に縫うと窮屈だったり、はいたときに糸が切れるおそれがあります。

縫い糸は伸縮性のあるナイロン製(レジロンなど)を用い、ミシンに『伸縮縫い』機能があればそれを利用します。
直線縫いの場合は、針目を細かく、布を伸ばし加減に縫います。

この事例では綿ジャージーを使いました。2ウェイだともっと伸びます。
ウエストにはパジャマゴムを入れました。


スポンサーリンク

型紙

型紙をA4用紙にプリントしてください。
サイズはMくらい。大きくするときは、前後それぞれの脇に1/4ずつ足します。脇の端ではなく、その2cmほど内側で増やすほうがなめらかな線を引けます。

作り方

生地をカットします。縫い代は脇が1cmほど。
ウエストの折り返しがゴムの幅+2cm。ゴムを入れずに幅広のストレッチレースを縫いつけるなら、ウエストの縫い代は不要です。
裾にレースをつける場合は縫い代不要です。つけないなら折り返し分をとってください。
材料とカッティング

裏クロッチを縫いつけます。
縫い代を折ってステッチをかけるだけでもOK。
クロッチを縫う

裾まわりにストレッチレースをジグザグステッチなどで縫いつけます。
ストレッチレースは裾まわりよりも短く切り、伸ばしながらつけます。
レースを縫う

脇を縫い合わせ、縫い代にジグザグステッチをかけます。
ウエストを三つ折縫いにしてステッチをかけ、ゴムを通します。
伸ばしながら縫ったので、波打っています。
ゴムを通す

お好みでリボンを飾ります。
フィットショーツ 前後ろ


スポンサーリンク


ピンクのフィットショーツ。
ピンク竹パンツ
主に竹素材の布、おなかの部分にラメ入りパワーネットを使いました。
どちらも透ける布なので色っぽ~い。裏地はピンクのコットンジャージーです。
パワーネットは手芸店の光物コーナーで買いました。
おなかを押さえる効果を期待するならば、二重にしたほうが良さそうです。
ウエストにレースを使うと薄く仕上がるので、表に響きにくくなります。


参考までに・・・ヒップハンガーとは

フィットいろいろ

ハンティ・ギャラリー

白百合  Kiss  華燭  ダヤン  パッション
小さな蝶々  花と蝶  花園  泉よ泉
フリル  トンボ  花帯  胡蝶  チューリップ

基本のハンティ作り方レースショーツ