創作手芸ハンティ基本のハンティ作り方 > 縫製

基本のハンティ作り方 縫製

ここではレースをはさんで縫っていますが、真ん中にギャザーを寄せた両縁レースを使えば、切替ラインを縫い合わせた上にレースを置いて縫いつけることができ、簡単です。例:パッション
基本のハンティ


スポンサーリンク

前を縫う

前中心布と前布の切替線に、ギャザーを寄せたレースをはさみ、縫い合わせます。
このとき、上下1cmにはレースをつけません。レースの両端は、徐々に短くします。
初めからギャザーの寄ったレースがおすすめです。
レースにギャザー広告


切替線の縫い代をジグザグまたはロックミシンで始末し、中心に倒して表からステッチで押さえます。
ロゴが入っているので、蝶の刺繍は真ん中には来ません。
切替線にレース部分のアップレース

クロッチと前後を縫う

2枚のクロッチで前布をはさみ、ミシンをかけます。
クロッチをつける裏側

クロッチ布をひっくり返し、後ろ布をはさんで縫います。
(ちょっと難関だけど、1度コツを覚えれば簡単。手持ちのショーツを見れば、しくみがわかります)
縫ったきわを表からステッチで押さえます。
後ろとクロッチを縫い合わせるクロッチの縫い方

前後の脇を縫い、縫い代にジグザグかロックミシンをかけます。


スポンサーリンク

ウエストと裾

ウエストと裾回りの縫い代を始末します。
ウエストの縫い代を内側に折って、端から8mmほどの位置にミシンをかけます。
三つ折りにはしません。
ゴムを入れるために、5mm縫い残します。
さらに端から1mmに飾りステッチをかけます。
縁を縫う

裾回りにレースを縫いつけます。ここではレースを4:6に折って二重にしました。
縫い代を内側に折って、端から5~6mmの位置にミシンをかけます。
同様にゴム通し口は縫い残します。
穿いたらこんな感じに広がります

ゴムを入れる場所

ゴムの入れ方

ハンティ・ギャラリー

白百合  Kiss  華燭  ダヤン  パッション
小さな蝶々  花と蝶  花園  泉よ泉
フリル  トンボ  花帯  胡蝶  チューリップ

基本のハンティ仕上げ