創作手芸ハンティハンティ作り方 > 初心者向け

ハンティ作り方 初心者のかたへ

ハンティは、ハンカチのデザインを活かして裁断しますから、いくぶん凝っています。
ソーイングの経験が浅い人には難しいかもしれません。
シンプル木綿ショーツ


まずは大判(45cm以上)かつ厚手の実用ハンカチで、トライしましょう。
方向性のない細かい模様入りのものを選び、前に切替を入れなければ比較的簡単です。

でも考えたら、わざわざそのようなハンカチを買うのは不経済だし、ナンセンスですね。

本来ハンティは、死蔵されているハンカチの活用を目的として考案されました。

ハンカチではなく、好みの生地で作ればいいのです。縫いやすいのはブロードやシーティング。
安い生地を使って、思い切り練習しましょ。
ブロードのショーツも、洗濯を重ねると、はきやすくなるものです。

きれいに作るコツは、縫い代をそろえることと、要所要所でアイロンをかけること。

フリルやレースをつけるのも、少し慣れてからにしたほうがいいでしょうね。
レースを縫いつける前に、面倒でもしつけをかけておくと、失敗がありません。


スポンサーリンク


この布は綿ボイルです。
一辺約45cmシンプルショーツ


スポンサーリンク


ちなみに、裾を折ってステッチをかけ、細いゴムを通すのはなかなか面倒です。
裾に縫い代をつけずに裁断し、ストレッチレースを外側からジグザグステッチなどで縫いつけるほうが、簡単といえば簡単です。
フィットショーツ

ストレッチレースは伸縮率にもよりますが、3/4程度の長さにカットし、伸ばしながら縫いつけます。
このあたり、コツをつかむまでは少し難しいかもしれません。

安物のストレッチレースは肌触りがあまりよくないし、洗濯を重ねるうちにゆるんでくるし、中のゴム糸が飛び出したり、ほつれてきたりして、耐久性も劣ります。選ぶときは吟味しましょう。


ハンティ・ギャラリー

白百合  Kiss  華燭  ダヤン  パッション
小さな蝶々  花と蝶  花園  泉よ泉
フリル  トンボ  花帯  胡蝶  チューリップ

基本のハンティ作り方デカパン