創作手芸ハンティ > 女児水着

女児水着 作り方

セパレーツタイプの女児用スイムウェアです。
ホリデイ・ブラ女児ショーツの応用で、比較的簡単に作れます。
子ども水着広告


この例では夏らしいトロピカルプリントのストレッチ布(綿ジャージー)を使いました。
伸びない布でも同じように作ることもできます。

オーバースカートのようなものは、好みによって省略可能です。
胸の布はオーソドックスな三角形にしましたが、丸やハート型なども面白いですよ。

材料

スポンサーリンク

型紙と裁断

型紙をA4用紙にプリントします。
前と後ろが重なっているので、2回印刷してそれぞれを切り抜いてください。
サイズはアバウトです(けっこう大きめ?) ヒップ60~75cm。
お子様の身長や胸囲に合わせて、適宜補正しましょう。

オーバースカートは90cm幅を15~20cm(縫い代込み)。
肩ひもは幅2cm、長さ40~50cmくらい。ひもの幅や長さは好みで調節しましょう。
ブラジャーの縁取りする部分は縫い代不要です。
カッティング

ブラ

ブラ山の中心側を縁取ります。
外側を縁取り、余った部分は縫い代を内側に折ってステッチで押さえます。
カップの下側に気持ちギャザーを寄せ、アンダーバスト布に縫いつけます。
アンダー布は3~5cm×65~70cmくらい。
ブラジャー

アンダーバスト布は輪に縫って、ゴムを通します。
カップの下にはゴムを入れません。ゴムの端は脇で縫いつけます。
ブラ出来上がり


スポンサーリンク

ぱんつ

女児ショーツと同様です。裏クロッチはつけません。
布端はロックミシンかジグザグステッチで。薄い布なら三つ折りでも。

前後の脇を縫い合わせます。
裾を内側に折ってステッチをかけます。
スカート布を輪に縫い、裾を折ってステッチをかけます。

ショーツとスカート布のウエストを縫い合わせて端の始末をし、縫い代を内側に折ってステッチで押さえます。
大きなフリルをつけるような感じです。伸びる布の場合、ギャザーを寄せる必要がなく、ショーツを引っ張り気味に、スカートを縮め気味に縫います。
おそろいで

ウエストにゴムを通します。
好みに合わせてリボンなどを飾ります。
スイムスーツ

身長96cmの等身大人形
水着の女の子

ハンティ・ギャラリー

白百合  Kiss  華燭  ダヤン  パッション
小さな蝶々  花と蝶  花園  泉よ泉
フリル  トンボ  花帯  胡蝶  チューリップ

基本のハンティ作り方他の素材